UE4 Petit Con 07

第7回 UE4 ぷちコン

http://historia.co.jp/ue4petitcon07 に応募しました。

今回のテーマは「サプライズ」ということで、「幸せな驚き」をキーワードにしつつ、これまであまり弄ったことのない、キャラクタのアニメーション制御の挑戦を目標に含めて制作を行いました。

前回のぷちコンに続きVR作品です。今回はゲーム要素は全く無い体験モノになりました。ハッピーサプライズなら、驚愕なまでに嬉しいプレゼントだろう!というところから発想を広げた結果、応募時の作品説明は以下のように書いてました。

“ある卒業式っぽい日、
グレイちゃんから伝説の樹の下に呼び出しが…?
嬉し恥ずかしな「幸せな驚き」をVRでぜひ!”

正直、見返すとかなりむず痒い、恥ずかしい感じが多分にしますが、寝不足の勢いで実装してました。作品の動画はこちらです https://www.youtube.com/watch?v=vpCo1Gt0Q7Y

やったこと

目標においていた、アニメーション制御を中心にそれ以外にも個人的なトライが有りました。主なものを簡単に解説します。

アニメーション制御

Epic シモダさんの Qiita記事 を参考に、キャラクタの視線や姿勢の制御を行いました(ありがとうございます!)。主な制御は AnimBlueprint の Look At ノードで行っています。それぞれのボーンの設定値はQiita記事とほぼ同じですが、目の Skeletal Control は Look at Axis: Z で行いました。ちなみに、既存のAnimation Sequenceは良くも悪くも一切使っていません。

また、寄り目になってしまう問題があったのですが、てんちょーさんのお陰で解消(緩和)できました。感謝!

Unreal Ring 作成

UnrealRing

Oculus Medium で指輪の形を作って、BPのViewport上でロゴと組み合わせました。色は単色なので、Medium上では付けずに、StarterContentsのMaterialを使っています。MediumからUE4に持ってくる手順はこちらを参考にしました。

ステージ作成

DefaultMaterialの板なFloorで進めていたのですが、最後に、少し寂しいのと伝説の樹っぽいものを入れたくなったので草原にしました。Landscapeの作成は、ほぼ公式の解説通りの手順です。草を生やしすぎるとFPSが落ちたので、樹の側にだけ生やしました。

Asset活用

今回はMarket Placeの有料、無料のAssetを色々と使いました。有料の物は次のとおりです。

Nice to Have

もう少し調整したかったところや、反省点などをあげるとキリがないのですが

  • アニメーションを滑らかに
  • ステージは視界の端まで
  • 手のメッシュを ProteusTemplate の物にする
  • ライティングの調整

あたりは入れたかったところです。

おわりに

UE4ぷちコンを開催し、モチベーションを上げる機会を設けていただいたヒストリアさんに感謝です。今回の作品は[エントリーNo.46]としてこちらのページに掲載されています。

Grayちゃんモデル を使わせていただきました。らりほまさんに多謝!

Advertisements